■アイドル総選挙でストレス増大させる婚活サラリーマン

 

数年前、婚活アプリで会ったアラフォー・サラリーマンがAKBグループのヲタだった。数回目に会ったとき名物飲食店の行列に並びながら、その男性は推しているメンバーについて教えてくれた。彼女はAKBに本籍をおかず地方グループのトップメンバーだったようだ。こんなドラマに抜擢されて才能があるとか、総選挙の投票数が増えているとか饒舌に語るアラフォー男性。印象深かったのは、せっかく好きなメンバーの話をしているはずなのに、男性はイライラしている様子だったことだ。

 

男性のいらだちは、総選挙の結果がよくても必ずしもいいポジションを与えられないところから生まれていた。営業成績がよいのに昇進しないサラリーマン人事にイライラしているのと何ら変わらないではないか...。サラリーマン残業に疲れ果てその疲れをいやしてくれる、元気をもらうためにアイドルを見ていたはずが、本業の仕事よりもアイドルを見てストレスを増大させるとは本末転倒だ。

 

■ファンのクレームでできた総選挙システムにより、アンチが増大

 

AKBグループの総選挙はてっきり秋元康氏のアイディアだと思い込んでいたが、そうではなかった。自分が推しているメンバーがなぜ選抜グループにはいらないのか、不満をもったファンたちがAKB事務局にクレームをたくさん入れるようになり、事務局の業務に支障をきたすまでになったらしい。AKBのヲタでありながら、自分が推してないメンバーを批判する人は「アンチ」と呼ばれる。そんなアンチのクレーム対策として「総選挙」システムが完成した。秋元康氏や所属事務所、電通やテレビ局のお偉いさんに、何らかの理由で気に入られた子がAKBのセンターになるのではない。CDを買うとついてくる投票券にファンが書いた名前の数で次のシングル曲のセンターが決まるようになったのだ。

濱野智史氏「前田敦子はキリストを超えた」は、「秋元康率いる『独裁体制』に対し、アンチは批判の声を突きつけた。その結果として実現した『民主化』が、まさに総選挙」と語っている。

 

AKBグループメンバーが票数を集める「選挙活動」の方法も具体的に決まっている。今までのアイドルと同じようにテレビや雑誌などで活躍して好感度をあげるだけでなく、握手会でていねいにファンとコミュニケーションをとったり、小さい会場のコンサートで一生懸命努力している姿を見せたりすることで、ファンの口コミで人気をあげていく。今回の選挙では◎◎ちゃんを当選させてあげよう、と組織票を獲得していくのだ。

 

やくざまがいの事務所やコネ・金・権力にまみれている(とお茶の間が信じている)アイドルが、民主化となれば聞こえがいい。アイドルが本人が努力すれば票数があがり、センターをねらえる、アイドルが進化したと一見思える。

 

しかしどうだろう。実際は先述の婚活サラリーマンのように、総選挙のせいでストレスを増大させている人も多い。総選挙の順位で決まるのは、次のシングル曲で歌うセンターと選抜メンバーだけである。コンサートでの他の曲での立ち位置やテレビや雑誌などの仕事は結局今まで通り、事務所が売りたいと考えるメンバーがアサインされるのだ。今までのアイドルグループであれば「オレはセンターの顔も態度も嫌いだが、事務所やプロデューサーにゴリ推しされてるからセンターなんだ。むかつく。」と、アンチ・ファンは運営側を憎めばよかった。

 

しかし総選挙で票数を獲得したという数値的な結果があるがゆえに、票数があるのになぜ事務所は彼女を推さない?と怒りが増大してしまう。民主化されたという期待が高まるだけに、独裁体制への不満が高まる。民主化により、アイドルファンは不幸に陥ってしまう。

 

■選挙をやめたらハッピーだ

 

どんなに民主化を進めても、組織にはもぐらたたきのように独裁者が生まれてくるのはアイドルだけの話じゃない。企業でも、あの人は優秀だと平社員の多くが思っている人が昇進するとは限らない。独裁者である部長に嫌われれば、現場では支持されていた優秀なビジネス漫画左遷されることだってある。所詮、世間なんてそんなもんだ。たたいてもたたいても湧いて出てくる独裁者のアンチを続けてストレスをためるより、民主化制度からはずれてストレスフリーでアイドルを鑑賞することをぜひ提案したい。アイドルだけではない、あなたのまわりである、民主主義的な平等を保たなければいけないのに「独裁者」が生まれる事象…職場の昇進、奥さんとの家事分担、アパートでのゴミ出し曜日を守らない隣人など…とストレスフリーで過ごせる方法を考えていきたい。まずは、独裁者に怒りを感じないような工夫が生まれているさまざまな事例をみていこう。

 

■独裁者まみれのジャニーズJr.

 

男性アイドルに特化したジャニーズ事務所に、選挙制度をはじめとする民主化がめばえる気配は今のところまったくない。CDデビューしていないジャニーズJr.は、ジャニーさんの気まぐれで急にピックアップされてミュージカルの重要な役をまかされたり、主演をしていた数年後には何列も後ろで踊らされたりする。公演会場で各タレントの生写真が売られて、売上枚数でだれが観客のなかで人気があるのかは事務所はわかるはずだ。しかしそんな順位とは関係なくジャニーさんの直感でタレントはアサインされ続ける。そんな独裁政権へ不満を持つジャニヲタに気付き、アイドル雑誌「MYOJYO」では読者の投票で好きなジャニーズJr.ランキングを企画してきた。しかしこのランキングで何年も連続で1位になる子がいても一向にCDデビューしない。2017年3月、ジャニーズJr.の岩橋玄樹くんにいたっては、4年連続の1位を獲得した。もう5年ほど岩橋くんを応援している職場の先輩(女性・40代)はLINEで私に悲痛の声を送ってきた。「4年連続1位って史上最多なんだよ!それでもCDデビューは無いままなんだろうか…。」

 

ジャニーさんが独裁者であることは、ファンはわかっている。ファンがいくら批判してもその声が届かない。ファンもJr.もそんな諦めのなかで活動を続けていく。

 

 

■SMAP解散も悟りの境地で冷静にみつめる「事務所担」

 

ジャニーズのファンの人数はとても多い。握手会をしなくてもいまだに数十万枚のCDシングルを売り上げる嵐や関ジャニ∞を見れば歴然である。だから、いろんな思考タイプのファンがいるのは当然だ。長くジャニヲタをやっている人間のなかには、ジャニーズ事務所の独裁者帝国制度は当たり前というか、そういう負の側面はあるけれどもファンであることを続けますという契約をしているような冷静なタイプも多い。一人のタレントと疑似恋愛をしている、彼氏になってほしいとガチで願っている中高生ではなく、もはやその独裁主義も含めてジャニーズ事務所のすべてを受け入れたいという「事務所担(当)」と言われる人たち。(自分もそのタイプの人間だ。)

 

ジャニヲタ・事務所担の人たちは、むしろ積極的にジャニーズの独裁制をシニカルに受け止める傾向があった。アメリカから来た変態きょうだい、メリーさんとジャニーさん。とくにジャニーさんのことはテレビでジャニーズ所属メンバーがモノマネをしたりして、とにかく変わった人なんだろうというのはもはや日本国民みんなが知っていることとなった。事務所担の間ではSMAPの解散前から、メリー喜多川とSMAPマネージャーで派閥がわかれていることは給湯室のOL井戸端会議のようによく語られてきた。ジャニーズのメンバーはいつでも理不尽な組織のなかで働いている。むしろ、理不尽をやり過ごし、依頼された仕事を明るく的確にこなしていくジャニーズだからこそ応援している節もある。

 

だから、2016年1月フジテレビ『SMAP×SMAP』でSMAPメンバーが謝罪されたことも、世間一般の人にくらべたら「事務所担」は驚かなかった。筆者は当時、本業で連日残業をしていたが、SMAPが生放送で会見すると聞き、仕事を放り投げてテレビがついてる居酒屋にかけこんだ。草彅くんが死んだ目で「ジャニーさんに合わせてくれた木村君に感謝します」といったときは本当に悲しかった。しかし、普段から派閥争いの話を自虐的に笑い話のネタにしたりして身近に感じていた自分としては「ああ、いつかこんなことが起きるだろうと思っていた。」といった感触で、ふだんジャニーズに関心があまりない人よりは冷静だったといえる。

 

矢野利裕氏は「SMAPは終わらない」で当時の生放送の会見を見た感想として、「謝罪をしていたときのSMAPの、あの社会に疲れ切っていた顔。あんな表情を続けるくらいなら、芸能人-人としての身体が失われるくらいなら、SMAPである必要もジャニーズ事務所である必要も、まったくない。」と書いておられたが、これには正直、拍子抜けした。ジャニーズのタレントが社会に疲れ切っているのは「事務所担」にとっては共通認識だからだ。「事務所担」は独裁者のジャニーさんとメリーさんにぐちゃぐちゃに振り回されつつも、こつこつがんばるジャニーズタレントが好きなのであって、謝罪という折り合いをつけて活動をつづけるSMAPにこそ、萌えたのだ。(しかし矢野利裕氏はSMAPを音楽面で考える批評家であられるのであって、「事務所担」ではいらっしゃらないので、いたしかたない。)

 

 

■ジャニーズには握手会はないが「ファンサ」がある

 

ここまでジャニーズの独裁制とそれを受け入れるファンの構造について紹介したが、じゃあ、ジャニーズメンバーには自分からファンを獲得する方法は一切ないのかといわれればそうでもない。

 

AKBの有名なキャッチフレーズは「会いに行けるアイドル」。秋元康氏は自身が昔プロデュースした「おニャン子クラブ」から進化した価値として「会いに行ける」をかかげた。さわやか氏「AKB商法とは何だったのか」でも「かつてのアイドルはテレビやラジオ、雑誌などで見かけるのが中心の存在、『メディアアイドル』だった。そしてAKBはそれとは逆の存在、言うなればイベントやライブ会場を拠点にする『ライブアイドル』だ。(中略)日本のアイドル史において、『メディアアイドル』から『ライブアイドル』への変化はどのように起こったのか。」と書いておられ、「ライブアイドル」「会いに行けるアイドル」はAKB周辺が起こした新しい価値のように認識されている。

 

しかし、あまり一般には知られていないかもしれないが、ジャニーズはAKBが生まれる前、1990年代にはすでに「会いに行けるアイドル」という仕組みは作っていた。べつに、「ジャニーズのほうが早い」とか威張りたいわけではない。

 テレビでジャニーズを見る程度のファンは知らないかもしれないが、ジャニーズは年間を通してひっきりなしにコンサートや舞台公演を企画している。1990年ごろ、光GENJIが大ブレイクして毎日テレビに出ていた多忙な時期でさえ、全国でコンサートツアーをしていた。(筆者も見に行っていた!)SMAPはCDデビューしてからも、せいぶえん遊園地で公開生放送のテレビに盛んに出演し、ファンはがんばれば毎週見に行くことができた。(筆者も見に行っていた!)2017年現在、AKB劇場ほど小さくはないが、1000人規模の劇場で夏休みや春休みに毎日ジャニーズJr.が公演を行う企画がいくつもある。

 

今や国民的アイドルとなり毎日テレビで見ない日はない嵐でさえ、2017年現在、毎年コンサートを行っている。これは筆者の推測にしかすぎないが、ジャニーさんは秋元康氏のようなマーケティング能力はない。「コンサートを開催して人気を獲得してCDの売り上げを伸ばそう。」などという計画はないと思う。ただ、ジャニーさんが自分のお気に入りの少年たちが輝く舞台を見たい。そんな願望をかなえるためにコンサートや舞台は行われている。

 

話が脱線したが、何を言いたかったかというと、AKBがファンと会える現場で自分のファンを増やすノウハウを磨いてきたのと同様、ジャニーズもコンサートを開催してきた長い現場経験のなかで、ジャニーズメンバーが自主的にファンを増やす手法を編み出してきた。それが「ファンサ」である。

 

■ジャニーズ・メンバーが自分のファンを獲得する手法「ファンサ」

 

握手会もテレビに出る機会もないジャニーズJr.が唯一できる選挙活動といえば、コンサート公演中にファンサービスをすることだ。うちわに「投げCHUして」と書いてあれば投げキッスをしてあげる。すると、ファンではなかった女性がそのJr,に「落ちて」応援してくれるようになるしくみだ。Jr.は主役タレントのバックで決まったふりつけで踊ることが責務であり、ちょっとした空いた時間…数秒で花道を移動する時間などにファンサービスをして努力をしていくのが定番だ。ジャニヲタの間では「ファンサ」と呼ばれている。「いついつのコンサートで、Jr.●●くんにこんなファンサをされた」という自慢がコンサート直後のツイッターには氾濫する。

 

ファンも手馴れており、複数のウチワを作ってコンサートに参加する。たとえば嵐のコンサートだと、まず自分が嵐で好きなメンバーの名前が書いたウチワを持参。櫻井翔くんがスキであれば彼が自分の席のそばを歩くときに「翔」とかいたウチワをかかげ、「私は翔くんの担当だよ。」とアピールする。(ジャニーズでは自分が好きな個人メンバーのことを「担当」と呼ぶ。翔担、ニノ担、松潤担といった具合だ。)運がよければ、櫻井くんが手をふってくれるかもしれない。

 

もう一方、特定のメンバーの名前を書いていないウチワもたくさん持っていく。先述の「投げCHUして」といった行動指示が書いてあるウチワだ。特定の推しメンとコミュニケーションをとるためのウチワではなく、たまたま自分のそばを通ったJr.に何かやってもらうためのウチワである。まだ無名のジャニーズJr.は、「投げCHUして」というウチワをもつ女性が自分のファンでないことはわかっている。それでもその指示に従って行動する。この行動により、その女性が「担降り」(今の「担当」を降りて、新しいメンバーの担当になること)してくれるかもしれないからだ。自分のファンをこつこつ増やし、コンサートで自分の名前を書いたウチワが増えれば、事務所の人の目にとまり「こいつは人気があるな。」とジャニーさんに推薦してもらえるかもしれない。ジャニーさんの独裁帝国において、自ら運命を変えられる手段、それがウチワに書かれたとおりにサービスすることなのだ。

 

ちなみに、もとは光GENJIのファンがコンサートに来場する際、ネームボードを持ってきて自分の好きなメンバーの名前をかかげた行為がウチワの原型であった。少しでも自分が目立って光GENJIメンバーに気付いてもらいたいという思いからファンがヒートアップし、ボードが巨大化して客席でぶつかりあって危険な状態になったときく。当時のコンサート映像をみると、もはや畳、一畳くらいある巨大なネームボードを持った人がうじゃうじゃいる。これはたしかに危ない。そこでジャニーズ事務所がネームボードの持ち込みを禁止し、逆に各メンバーの顔写真が印刷された既定のサイズのウチワが発売されるようになった。規定サイズのウチワだけが持ち込めるというコンサートの規則。ここから、ジャニヲタのウチワの歴史は始まった。AKBファンが、自分の推しメンがセンターにこれない苦情が事務所に送られ、総選挙システムを事務所が生み出したように、ジャニヲタが自分の担当するメンバーへの過剰なアピールから、事務所のウチワによるファンサシステムが生まれたのは興味深い。

 

■「選挙活動」から逸脱/ファンサを放棄した関西ジャニーズJr.

 

独裁者ジャニーさんに支配されつつも、唯一、自分のファンを増やす自主活動「ファンサ」を生み出したジャニーズ。無名のジャニーズJr.にとって、ファンサは自分が生き残るためのたいせつな手段だ。しかし、ファンに気に入られようとする「選挙活動」である「ファンサ」を放棄するJr.が現れた。2017年現在、関西ジャニーズJr.で「DK」とよばれる男の子たちだ。

 

DKとは男子高校生のこと。関西ジュニアDK組と言われている主なメンバーは、石澤晴太郎くん、福本大晴くん、毛利柊和くん、吉岡廉くんだ。

 

彼らは先輩のコンサートでファンサービスに使える貴重な自由時間の大半を、好き勝手に遊ぶことに費やしてしまう。晴太郎くんは自分と仲が良い柊和くんがやってくると、客席に目を向けることをやめ、メンバーのほうばかり見て遊ぶことを優先する。曲と曲の間の数秒、Jr.メンバー同士でカメハメ波を出し合ったり、釣りをしてどちらかが釣られたり…とふざけてじゃれあっている。

 

DK「担当」であるファンたちは、DKを見るために先輩グループのファンクラブに入りチケットを入手する。コンサートのメイン出演者、嵐などはほとんど見ずに彼らがじゃれあっているところを双眼鏡で必死に追い、メモしてツイッターにあげる。

 

「あめ‏ @ame__nochi  2月5日

2/5夜 宮城なうぇすと ラスト

晴太郎さん大人しく立ってると思ったら肘からプチトマト出てくるしアリーナにポイポイ投げてるwww

柊和に「今はあかん」って首振られて「あっせやな」空気読んだ晴ちゃん険しい顔しながら前の方にちっちゃくポイポイ・・"控えめ"を覚えました。拍手!」

 

関西ジャニーズJr.を知らない人が見たらなんのこっちゃわらかない投稿かもしれないが、ファンがどれだけ細かくDKが自由時間に遊んでいる姿を追っているのか、その熱意と楽しそうな雰囲気はつかんでいただきたい。話がやっと最初のものに戻るが、「選挙で順位が高かったのに事務所にプッシュしてもらえない」などと推しメンの立場向上をめざしてイライラしてしまうアイドル応援法よりも、このような、自由に遊んでいるアイドルの姿をひたすらガン見する姿勢を提案する。そして、それを「オフショット萌え」と呼びたい。

 

■アイドルの成長を見守らない、公演の良しあしを語らない、ひたすらアイドルの自由時間を見つめる「オフショット萌え」

 

オフショットがネイティブの英語として正しいかどうかは知らないが、日本での意味は、「写真などで、撮影されることを意識して身構えていない、自然体の写真などを指して用いられる語。休み(オフ)の時の羽を伸ばした姿を写した写真。」(実用日本語表現辞典)とある。ジャニヲタ界隈では、コンサート会場の楽屋などで私服で休み時間に自由にすごすメンバーを雑誌のカメラマンがとったり、メンバー本人たちが自撮りした写真などのことを指す。アイドル雑誌によく掲載される。厳密には本当のプライベート写真ではなく、アイドル雑誌に載ってファンに見られるという前提はあるものの、振付師や雑誌のアートディレクターなどに「こう笑え」などと指示された体勢ではなく、ある程度自由なポーズをとれる写真は、「オフショット」と呼ばれる。

 

コンサート会場で、事務所に決められた振り付けを踊らなくていい数秒の自由時間を、関西ジャニーズJr.がファンサービスもせずに自由に遊んでいる姿は、生の「オフショット」といえるだろう。最初に紹介した婚活サラリーマンのように、AKB自分の推しメンがコンサート会場で、目立つ位置に立っているか、センターで踊る曲はあるのかなど、選挙結果を正確に反映して事務所がちゃんとプッシュしているかをいちいち確認していたら、不公平性が目についてしまいストレスがたまる一方だ。

 

しかし、自分の推しメンが昇進するかしないか、成長しているのかいなかを確認する思考をストップし、ひたすら「オフショット」に似たメンバーの瞬間を探しつづけること、これにより脳内は歓喜のドーパミンでうめつくされ、ストレスから開放される。

 

先ほど紹介した関西ジャニーズJr.DKの大晴(たいせい)くんは、お笑いが大好きで自作の一発ギャグをたくさん持っている。ファンでない人が見ればギャグの大半のクオリティーは残念ながら、高校生が友達に披露する内輪受けレベルだ。しかしそこからオフショット・データを重ねていくと感動的なことにであえる。大晴くんは2016年冬から2017年5月にかけて行われるデビュー組「ジャニーズWEST」コンサートツアーのバックダンサーとして参加している。ジュニアがコンサートのMCに出ることはめったにないのだが、2017年1月の横浜アリーナ公演で、「ジャニーズWEST」のセンター重岡大毅くんにMC中によびだされ、楽屋で着替え途中の大晴くんがメインステージに登場した。重岡くんに呼び出された理由はこうだ。

公演後、主役メンバーも、バックダンサーのジュニアたちも会場に着いたお風呂に入るそうだが、大晴くんは全裸で一発ギャグを全力でやってくれてとても楽しい。また、コンサート開始直前にバックヤードで出演者全員で円陣を組んで気合をいれるときも、大晴くんが大きい声でギャグを叫んで場をあたためてくれる、そのお礼でMCに呼んだと。大晴くんは、いつもお風呂で全裸でメンバーを楽しませていた一発ギャグを、1万人以上が入るコンサート会場のメインステージで披露することができた。大晴担当のファンのツイッターは歓喜にあふれかえった。

 

 

■ひたすら楽屋のレポートをする「MYOJYO  LIVE」

 

オフショットをひたすら探して見るのは、なにもジュニアを追うマニアックなファンだけではない。1950年代から続く老舗アイドル雑誌、明星でもオフショットを追い続けてきた。コンサートだけを特化して報道する別冊「MYOJYO  LIVE」2016年冬号では、なんと、ジャニーズJr.が梅田芸術劇場で行ったミュージカル公演の楽屋見取り図が数ページに及んで掲載された。どのメンバー同士が同じ楽屋をあてがわれているのか。また、決められた楽屋を抜け出し、特定の中のいい先輩ジュニアの楽屋に遊びにいくのは誰なのか。雑誌を買ったファンは、少ない文字情報からそのような、ジュニアたちの楽屋に移動を分析することを楽しんでいた。先述の晴太郎くんはDK(高校生)メンバーの楽屋を当然あてがわれていたが、DKの楽屋の写真には見当たらず、20代の先輩がいる楽屋に入り浸っていたのではないかと仮定するツイートでわいたこともあった。

 

選挙の結果が何位で、次のシングルでの立ち位置はどこか、など事務所内での順位と昇進や戦略に必死なAKBの上昇志向ファンとは相いれず、楽屋でだれと同じ部屋だったなど、オフショットをひたすら追い続けるジャニヲタ。

 

■オフショット萌えは、ストレスに立ち向かう。

 

応援するメンバーのキャリアや成長などに目もくれずオフショットばかりを追うファンはバカに見えるかもしれない。でもこれは、ジャニーさんの気まぐれでしかデビュー人事が決まらない、見通しが立たない不安な将来と向き合える手段かもしれない。推しメンがうまく事務所に引き上げられなくてもひたすらオフショットを見つめる。ブッダがひたすら自分のストレスを減らすために原始仏教を提案したように、ヨガでひたすら自分の鼻を通る空気ばかりを意識するように、ひたすらオフショットだけに集中する。オフショットで何が起こっているかをつぶさに見続ける。これはジャニーズにかぎらず、民主化の下でうまく組織が動かないときにやりすごす、ひとつの生きる術だ。